2020年07月07日

ルームエアコンの洗浄。

こんにちは。


NITE(独立行政法人 製品評価技術機構)に通知された

製品事故情報によると、

2015年度から2019年度の5年間に

エアコンの事故は、合計263件発生しているそうです。

そのうち、火災が244件、死亡事故が6件(7名)です。


NITEが今後特に心配しているエアコンの事故は、

誤った内部洗浄による火災です。

なぜなら、

エアコンに市販の清浄スプレーや消毒用アルコールを吹きかけると

火災や故障を招く恐れがあるからです。


新型コロナをきっかけに、除菌に敏感な方が増えています。

正しい手順を知らずにエアコンの内部洗浄をする方が増えると、

その分火災のリスクが高まりそうです。
                    
「 エアコンの内部洗浄による事故や火災を防ぐために 」    
■エアコンの内部洗浄による事故例(神戸市のホームページより)


・運転中のエアコンから「ポン」という異音と共に異臭がしたため

 すぐにコンセントを抜いた。

 洗浄は、スプレーにて自身で年2回程度実施。


・就寝中、運転中エアコンから異音がしたため目を覚まし、

 その後異臭、炎が上がった。

 洗浄は、業者が1年前に実施。


・自宅居室の使用していないエアコンから異音がし、白煙が上がった。

 洗浄は、業者が実施。



■高度な専門知識と技術が不可欠


内部部品は繊細なので、機種に適した洗浄剤で丁寧に洗浄しなければなりません。

そのためには、高度な専門知識と技術が不可欠です。

ダイキンや日立などのエアコンメーカーも、

「お客様自身による内部洗浄は行わないでください」

と呼びかけています。


まずは取り扱い説明書を再チェックし、

自分で掃除できる場所や方法を確認しておきましょう。

説明書が見当たらなくても大丈夫。

メーカーのホームページからダウンロードできます。



■どこに依頼すればいいのかわからない時は


まずは、そのエアコンの販売店やメーカーに問い合わせましょう。

その機種に対応できる業者を紹介してくれます。

また、「一般社団法人 日本エアコンクリーニング協会」や

「NPO法人 日本ハウスクリーニング協会」など、

所定の研修を終えた業者を紹介しているサイトもあります。


エアコンには数多くの機種があります。

そのため、業者によっては対応できない場合があります。

なお、業者選びの際は、

・担当者のスキル

・保証期間の長さ

・損害賠償保険加入の有無

などについても確認しましょう。



                                       DSC_0077.JPG




posted by まさき at 13:40| 日記

2020年06月30日

庭の使い方。


【 庭の無駄遣いを防ぐ方法 】


こんにちは、


新築をきっかけに、ガーデニングやバーベキューなど、

庭で楽しめる趣味を始める方って多いですよね。

その一方、庭の活用方法がわからないまま放置し、

雑草取りにうんざりしている方もいます。

庭の面積やその購入価格を考えると、かなり勿体ない使い方ですよね。


庭を有効に使うには、

それぞれの使い方を明確にする必要があります。


例えば、

・勝手口前の庭は、物置とバーベキュー用

・リビング前の庭は、子どもやペットの遊び場

・最も日当たりが良い庭は、ガーデニング用

・玄関前の庭は、駐車・駐輪スペース

というように。



バーベキューをするなら、外からの視線対策も欲しいと思いませんか?

近くに物置があれば、道具等の出し入れがラクです。


ガーデニングをするなら、近くに水道があると便利です。

雨水タンクを設置すれば、水道代を減らせます。

自治体の助成金を利用すれば、雨水タンク購入の負担も減らせます。

(大きさや設置方法、助成額などは自治体によって異なります)


子どもやペットのけがを防ぎたいなら、

小石が混じった地面より芝生の方が安心です。

人工芝にすれば、初期費用は増えますが手入れの負担を減らせます。

塀などを設ければ、道路に飛び出すのを防げます。


ほかにも、用途は特にないものの、

隣家との距離を保つために欠かせない『余白』の役目を持つ庭もあります。

雑草対策と防犯対策を兼ねるなら、

防草シートの上に防犯砂利を敷くのもいいですね。

背の高い庭木を植えれば、緩やかに視線を防ぐこともできるでしょう。


このように、それぞれの庭の使い方を考えると、

そこに必要な設備や費用が見えてきます。

外構費用を事前に予測できれば、予算オーバー防止にも役立ちます。

外構業者に依頼する際も、イメージを伝えやすくなります。


さて、あなたは庭のどこでどんなことをしたいですか?
紫水ヶ丘 上池.JPG
posted by まさき at 17:57| 日記

2020年06月20日

越境してきた隣家の枝は?


【 隣家に越境した枝や根の対処法。果実やタケノコの取り扱いは? 】
今日は、越境した枝と根についてお話しします。


『枝』が隣家よりに越境しても、

勝手に切ることはできません。

なぜなら、越境しても枝の所有権は木の所有者にあると

民法に規定されているからです。


では、もし枝の切除依頼に応じてもらえない場合、

我慢し続けるしかないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

所有者の費用で切り取ってもらえるよう、

裁判所に申し立てることができるんです。


一方、『根』が越境した場合、民法では

所有者の許可なく切除できると規定しています。

とはいえ、所有者から

「根の切除が原因で木が弱った」

と苦情が入る恐れもありますよね。

そのため、今後の付き合いを考慮し、

切除する前に連絡しておいた方が無難だとされています。


では、『越境した部分の枝に実った果実』や

『越境した根から成長したタケノコ』は、どうしたらよいのでしょう。


枝に実った果実は、木の所有者のものです。

なので、越境していても勝手に採ってはいけません。

しかしタケノコの場合、

切除しても良い根の延長上にあるものなので、無断で採っても構いません。

むしろ、そのまま放置すると、隣家の庭に竹林ができてしまいます。

その予防のため、必要不可欠な措置と言えるでしょう。


樹木に関する隣家トラブルは、枝と根、枯葉だけではありません。

飛散した種子、収穫期の果実に群がる鳥や虫、

収穫されないまま腐敗した果実など、様々なトラブルがあります。


「シンボルツリーは植えたいけど、

 知識が無いので自分に合ったものを選べるか不安だ」

という場合、外構業者や造園業者など、

木の専門家に相談してみてはいかがでしょう。

彼らは、植栽の成長や手入れについてだけでなく、

植栽による近隣トラブルに関しても経験や知識が豊富です。

頼りになりますよ。


童子荘-B.JPG
posted by まさき at 16:54| 日記