2018年12月15日

大掃除。

【 大掃除の時、高圧洗浄機で外壁を手入れする際に気を付けたいこと 】


今年も、大掃除の時期が近づいてきましたね。


「外壁や網戸の掃除が簡単!」と大人気なのが高圧洗浄機。

最初の頃の製品と比べると、運転音は随分静かになりました。

とはいえ、完全に無音というわけではありません。

早朝など、近隣の迷惑になる時間帯は避けましょう。


次に気を付けたいのが『水の向き』です。

建物の雨対策は、雨が降る方向を基準に考えられています。

高圧の水流を下から当てられることは想定されていません。

なので、換気口や窓まわり、玄関など、

場所によっては内部に水が浸入してしまうことがあります。

また、電子ロックやインターホンなどに水がかかると

誤作動や故障の恐れがあります。

水の向きや当てる場所には十分に注意しましょう。


そのほか、築浅の建物でも強い水圧が原因で塗装が剥がれることがあります。

経年劣化が気になる外壁やクラック(ひび割れ)がある基礎部分などの弱い場所は

できるだけ低い水圧で、こまめに様子を観察しながら洗浄しましょう。


定期的な掃除は建物の劣化を遅くしますが、

刺激が強すぎる掃除方法は、逆に建物の負担になってしまいます。

また、外壁の汚れには、黄砂や鳥の糞など体に悪いものがあります。

眼鏡やゴーグル、マスクや長袖の服を着用し、身を守ることも必要でしょう。

DSC_0394.JPG
posted by まさき at 11:47| 日記

2018年12月10日

竣工しました。

RIMG9758.JPG
                           H様邸が竣工しました。
posted by まさき at 19:46| 日記