2016年05月25日

ほたる

 今年は、暑くなったり寒くなったりと不安定な気候が続いています。
蛍が飛ぶのがみられるようになりました。
IMGP6233.JPG
                   *
                   *
IMGP6230.JPG
                                                          今年初めて見かけました。
posted by まさき at 14:28| 日記

2016年05月18日

メルマガ配信しています。

家づくりに役立つ情報を配信しています。
例えば・・・・・
      *
      *
      *
 【 短所も公開していますか? 】
  物事には、長所と短所があります。
   家づくりにおいても同じです。
  例えば、高気密高断熱を追求した家は、ヒートショックなどの健康被害を減らせるという長所があります。
  しかし、断熱性を高めるためには空気の漏れを少なくし、熱を伝えないことが大切です。
  そのため、窓の大きさや数が制限されます。
  また、24時間換気をつけっぱなしにしないと、人の呼吸などで空気が汚染されます。
  室内のニオイも残りやすくなります。

   そんな住まい方を続けるうちに、家にいるだけで圧迫感や閉塞性を感じる人がいます。
  「窓を開けて、自然の空気を取り込みたい」
  「広い窓から景色を楽しみたい」
  という人は、特にストレスを感じるでしょう。

   逆に、窓が大きくて解放感溢れる家なら、中の音が外に、外の音が中に聞こえやすくなります。
  高気密高断熱の家より、寒くて暑い家になります。
  どの程度を良しとするかは、その家族次第です。

   また、材料にも長所と短所があります。
  安くてお手入れが簡単。でもシックハウスを引き起こす可能性がある。
  高くてお手入れが面倒。でも健康に暮らせる・・・。

   新築する人が知りたいのは、実は短所の方です。
  しかし、一部の業者は長所しか伝えません。
  
  「短所を伝えると契約してもらえないのでは?」
  と怖いのです。

  このとき、自分の家づくりに信念を持っている業者は、その家づくりの長所と短所を伝えることができます。

  お客さんは事前に短所が分かっていますから、
  「こんなはずじゃなかった」
  とイヤな思いをしなくて済みます。
  施主の立場を考えた情報開示をどこまでできるか、というのは、業者選びの大切なポイントです。

  [[こんなときどうするの?…リフォーム用語4]]
  今日は、アイランドキッチンについてです。

   アイランドキッチンとは、流しや調理台などを壁面から離して配置するものです。
  家庭科室の調理台のような感じというと、わかりやすいかもしれませんね。
  多人数でキッチンをぐるりを囲めるので、家族や来客と料理を楽しむにはピッタリ。
  しかし、床への油はねや水濡れの対策、給排水管やガス管などの配置や勾配など、注意点がいくつかあります。
  キッチングッズが多い家庭の場合、収納スペースの確保に困る場合もあります。
  採用する際は、事前にデメリットをよく確認しましょう。

  それでは次回をお楽しみに♪
        *
        *
        *
・・・・・・こんな情報をお送りしています。
是非 「メルマガ会員登録」をお願いいたします。
posted by まさき at 08:46| 日記

2016年05月16日

hana hana はな

 花を撮ってみました。
IMGP6093.JPGIMGP6100.JPG
IMGP6138.JPGIMGP6182.JPG
IMGP6184.JPGIMGP6185.JPG
IMGP6178.JPG
posted by まさき at 17:18| 日記